子宮肉腫 血液で鑑別 福井大、県大チーム発見

2020/07/10


患者の負担軽減へ
福井大医学部と県立大看護福祉学部の研究チームが、良性の子宮筋腫と悪性の子宮肉腫を鑑別する新たな方法を発見した。血液中の四種類の分泌性タンパク質の数値を測定する方法で、この鑑別の精度が高まることで、適切な治療につながると期待される。(清兼千鶴)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する