患者受け入れ 最大321床確保 PCRは1日326件可能に

2020/07/14

県が態勢強化 
県は、現時点ですぐに使える病床として四十八床を確保し、患者が増えると段階的に最大三百二十一床まで増やせる態勢を整えている。感染の有無を調べるPCR検査能力も「第一波」の時と比べ大きく引き上げた。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する