魚食性恐竜の歯の化石発見 勝山の発掘現場から18本

2020/07/15

発見されたスピノサウルス科の歯の化石=勝山市の県立恐竜博物館で

県立恐竜博物館は十四日、勝山市北谷町杉山の約一億二千万年前(白亜紀前期)の地層から見つかった歯の化石十八本は、魚食性恐竜「スピノサウルス科」のものだと発表した。国内での発見は四例目。保存状態が良好で、一億六千万〜一億年前の間に世界で大きく変化したとされるスピノサウルス科の分布域を知る手掛かりになるという。(山内道朗)

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する