大飯3号機 定期検査開始

2020/07/21

コロナ対策で2カ月遅れ
関西電力は二十日、大飯原発3号機(おおい町)の定期検査を始めた。当初は五月に開始予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大を考慮して二カ月延期していた。全国から多くの作業員を集めて行う検査では、原発の設備に密閉空間が多いことや、地元の民宿などに寝泊まりするため、地元から感染を懸念する声が上がっていた。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する