通学駅構内を除菌 金津高生がボランティア

2020/07/29

消毒液と雑巾を手に汚れていそうな場所を探し、ロッカーの持ち手などを磨く生徒たち=あわら市のJR芦原温泉駅で

新型コロナウイルス感染症との長期戦が見込まれる中、金津高校JRC部が二十八日、あわら市のJR芦原温泉駅で消毒活動ボランティアを始めた。初日は部員ら十人が参加し、消毒液の入ったスプレーと雑巾を手に構内を巡回。階段の手すりや待合室のいすなどを丁寧に拭いた。二十九日も実施する。(北原愛)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する