公取委、ゲンキーの改善計画認定 行政処分はせず

2020/08/06

商品納入業者の従業員を不当に派遣させ新規出店の準備を手伝わせたなどとして、ドラッグストアの「ゲンキー」(坂井市)が独禁法違反(優越的地位の乱用)の疑いで公正取引委員会(公取委)の立ち入り検査を受けた問題で、公取委は五日、違反が疑われる行為を改善するとした同社の確約計画を認定した。行政処分は行わない。(長谷川寛之)

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する