若年層の感染増加 福井県内、再発後32人に

2020/08/12

県内で四月末に止まっていた新型コロナウイルス感染が再び確認され十二日で一カ月となる。再発後の感染者は三十二人で、うち二人が重症になった。北陸の他県に比べて新規感染者は大幅に少ないが、お盆休み中の往来の増加で感染が広がる危険性がある。県は今月下旬ごろには北陸三県が対象の観光誘客を始める予定だが、今後の感染状況を慎重に見極める構えだ。(今井智文、山本洋児)

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する