世界最古級ペンギンモドキ 長崎骨化石発見 新種の可能性

2020/08/19

発見された世界最古級のプロトプテルム科の大腿骨(左)と脛足根骨(右上)の化石=長崎県西海市教育委員会提供

恐竜博物館が共同調査
 県立恐竜博物館(勝山市)などは十八日、長崎県西海市の三千四百万年前の地層「板浦層(いたのうらそう)」から発見したプロトプテルム科の骨の化石が、世界最古級だったと発表した。ペンギンモドキと呼ばれる鳥類で、最古級の骨化石は新種の可能性があり、不明な点が多い初期の進化の解明につながることが期待される。(山内道朗)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する