大野で伝統食「すこ」作りが最盛期

2020/08/27

次々と収穫される赤ずいき=大野市猪島で

奥越の伝統食品「すこ」作りが最盛期を迎えている。二十六日は大野市稲郷の食品加工会社「上庄農産加工」でも、従業員らが、サトイモの一種ヤツガシラの茎「赤ずいき」を刈り取ったり、酢漬けにしたりと、作業に精を出した。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する