新型コロナ 「県内は第2波にある」

2020/09/01

県認識 カラオケ感染 急増
新型コロナウイルスの県内での感染状況について、県は三十一日、「福井県は第二波にある」との認識を明らかにした。カラオケ喫茶関係の感染が、八月二十五日を発端に一週間で計五十四人に急増しているため。感染が「波」となって広がっているとして、警戒感を強めている。(尾嶋隆宏)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する