【9/19~】静寂の中で作品が対話する。世界で高い評価を得る美術家の2人展|金沢21世紀美術館

2020/09/16

金沢21世紀美術館にて、世界で高い評価を得る美術家の2人展「ミヒャエル・ボレマンス マーク・マンダース|ダブル・サイレンス」が9月19日(土)~2021年2月28日(日)まで開催される。


ミヒャエル・ボレマンスとマーク・マンダースは、共にヨーロッパが誇る芸術の歴史を素地に、他に類をユニークな表現で世界に知られる美術家だ。  バロック美術の伝統を受け継ぎ、人間の暗部を描き出すボレマンスの絵画作品。「建物としてのセルフ・ポートレイト」をコンセプトに、身体の断片が印象的なマンダースの彫刻作品。それぞれのメディアは違いながら、いずれも複雑な心理状態や関係性を深く掘り下げている。


「ダブル・サイレンス」は沈黙や静寂の中で、作品を通して彼ら自身が対話する空間と時間に、ボレマンスとマンダースが人々を誘う展覧会。互いの作品選びや展示空間に合わせた展示構成、そして展覧会のタイトル「ダブル・サイレンス」もお互いの対話を通じて決定されたものだ。


ボレマンスの絵画と映像、マンダースの彫刻が静寂の中で雄弁に語りかけ、鑑賞者を魅了する。2人の作品と妹島和世+西沢立衛/SANAAが設計した金沢21世紀美術館がどのように対話をするかも見どころのひとつだ。ボレマンスとマンダースの作品80点余りを通して、ヨーロッパ芸術の神髄もご覧あれ。

ミヒャエル・ボレマンス マーク・マンダース|ダブル・サイレンス
【会場】金沢21世紀美術館(石川県金沢市広阪1-2-1) 展示室7~12・14
【期間】9/19(土)~2021/2/28(日)
【時間】10:00~18:00(金・土曜は~20:00、1/2・3は~17:00まで)
【休場日】月曜 (※9/21、11/23、2011/1/11は開場)、9/23、11/24、12/29~2021/1/1、1/12
【料金】一般1200円(1000円)/大学生800円(600円)/小中高生400円(300円)/65歳以上の方1000円
※( )内は団体料金(20名以上)及び前売り料金
※本観覧券で入場当日に限り、同時開催中のコレクション展(10/17~2021/2/28)にも入場可
【お問い合わせ】 076-220-2800
【HP】あり
【SNS】 Facebook Twitter




日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#おでかけ#アート#イベント

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する