アート 平面・写真松の巨匠 新道繁がみつめた世界

新道繁(1907~1981)は坂井市三国町出身で日本美術院会員をつとめた洋画家。新道画伯は、強い季節風に耐え、細いながらも悠々と自由に生えている松を多く描いた。
新道繁が日本芸術院賞を受賞した「松」連作をはじめ貴重なコレクションを展示する。
こちらでもご紹介しています
  • 会 場

    みくに龍翔館(福井県坂井市三国町緑ケ丘4-2-1)
  • 日 程

    2019/07/27(土) 〜 2019/09/01(日)
  • 時 間

    9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 料 金

    一般300円、小中学生150円
  • お問い合わせ

  • 松の巨匠 新道繁がみつめた世界
  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する