月刊ウララ2月号特集『ココロときめく文房具』よりこだわりアイテムをご紹介。

2021/02/09

自分らしいアイテムを見つけよう!
ステーショナリージェンダー。

かわいいものから、かっこいいものまでジェンダーごとに文房具を紹介。
またジェンダーレスなセレクトにも注目。それぞれ自分にあったものを見つけてみよう!

for Gender less

洗練されたデザイン。
大人が持ちたいデスク小物。

テープカッター
(左)真鍮4500円、(右)黒皮風3000円(ともに税別)
鉄やステンレス、真鍮などを中心としたオリジナルプロダクトの製造販売をしている『bowl pond』のテープカッターはマスキングテープなどの小巻サイズ用。金属ならではの質感とシンプルなデザインは、男女問わず使用できる。またコンパクトサイズで場所を取らないのがうれしい。

くらしの道具と珈琲 テリフリ
【住所】福井県福井市文京4-9-34
【電話】0776-76-5392
【時間】13:00~18:00(土・日曜、祝日は10:00~)
【休日】不定休
【駐車場】なし※店の正面にコインパーキングあり
【HP】あり
【SNS】Instagram


仕事や勉強の息抜きに。
くすっと笑えるノート。

大人のノートシリーズ
各650円(税別)
大人でも楽しめるシュールなイラスト付きノート。学生時代に教科書やノートの片隅でちょこちょこ遊んでいたあのゲームや計算、落書きがちょっとした合間に楽しめる。久しぶりに挑戦すると懐かしい気持ちと共に、新たな発見や思いがけない才能が目を覚ますかも!?

富士書店
【住所】福井県鯖江市本町1-1-20
【電話】0778-51-0475
【時間】12:00~18:00
【休日】日・月曜、その他不定休 ※Instagramにて要確認
【駐車場】3台
【HP】あり
【SNS】Instagram





あのストライプがペンに!?
プレゼントに選びたい一本。

Paul Smith and Caran d’Ache ボールペン
各7000円(税別)
スイスメイドのステーショナリーブランド『カランダッシュ』。そのアイコンともいえる、鉛筆のような六角形軸のボールペンが『Paul Smith』とコレボレーションしたアイテム。『Paul Smith』を象徴するマルチストライプのカラーリングからパッケージを選べるのでギフトにもぴったり。

ホリタ文具 エルパ店
【住所】福井県福井市大和田2-1212 エルパ1F
【電話】0776-89-1629
【時間】10:00~20:00
【休日】エルパに準ずる
【駐車場】エルパ駐車場利用
【HP】あり
【SNS】Instagram


うっとりと眺めていたくなる、
おしゃれな付箋。

金銀銅のふせん紙
各605円(税別)
イタリア製の厚手で光沢感のある紙を使用したスタイリッシュな付箋は、上品な色味の金銀銅を組み合わせたカラーリング。台紙がカバーになっており、鞄に入れても汚れたり、よれたりしないので、持ち歩きにおススメ。

ataW(アタウ)
【住所】福井県越前市赤坂町3-22-1
【電話】0778-43-0009
【時間】11:00~18:00
【休日】水・木曜(祝日の場合は営業)
【駐車場】15台
【HP】あり
【SNS】Instagram


クリップだけで変幻自在。
ユーモアあふれる文房具

ヘアクリップマグネット
800円(税別)
デスクで散らばりがちなクリップをまとめられる、クリップホルダー。ユニークなデザインをした、おじさんの頭がマグネットになっているのでクリップを増やしたり減らしたりして好きな髪形を作ってみよう。

富士書店
【住所】福井県鯖江市本町1-1-20
【電話】0778-51-0475
【時間】12:00~18:00
【休日】日・月曜、その他不定休 ※Instagramにて要確認
【駐車場】3台
【HP】あり
【SNS】Instagram





細部まで丁寧に組み立てられた
板金づくりのペンケース。

PEN CASE
(左)レッド (右)シルバー 各3000円(税別)
遊び心あふれる、まるで工具箱のような『BENDIN』のペンケース。留め具などは使わず、板金だけで細部まで組み立てられた、コンパクト設計。お気に入りのペンを厳選して持ち歩きたいミニマリスト向け。

GENOME REAL STORE
【住所】福井県南条郡南越前町長沢25-2
【電話】0778-45-1836
【時間】10:30~18:00
【休日】水曜
【駐車場】6台
【HP】なし
【SNS】Instagram Facebook


メガネの街、鯖江から生まれた
コラボステーショナリー。

BOSTON CLUB×加賀美健オリジナルコラボセット
(左)Man set (右)Dog set 各700円(税別)
メガネのフレームデザイン企画を行なう『BOSTON CLUB』と現代美術アーティスト・加賀美健がコラボレーションしたメモ帳とペンのセット。メモ帳の表紙に描かれた加賀美健らしいユーモラスなイラストに注目。

BOSTON CLUB STORE SAB
【住所】福井県鯖江市三六町1-4-30 BCビル1F
【電話】0778-52-0890
【時間】10:00~19:00
【休日】水曜
【駐車場】あり
【HP】あり
【SNS】Instagram







MADE IN ふくいの文房具

福井はつくづくものづくりの街だと思う。
悠久の歴史が、文化が、モノに宿る。
長く愛される、人生に寄り添ってくれる。
それがメイドインふくいの文房具。

実用性も芸術性もある、
美麗文房具の極致。

スタジオ嘉硝 ガラスペン
3300円〜2万2000円(税込)

1本1本が似て非なる色彩を放つ、書きやすさを追求したハンドメイドのガラスペン。『ホリタ文具』や『福井県立美術館ミュージアムショップ』に一部あるほか、『ふくい工芸舎』にて常設展示販売されている

こんなに美しい筆記具があっただろうか。道具である以上に芸術品の域にあるのではないだろうか。文具女子というワードが生まれ、文房具にこだわりたい人が辿り着く場所、それがガラスペンのように思える。空前のガラスペンブームに沸く中、福井発のガラスペンも空前の需要が生まれている。
『ガラス工房Studio嘉硝』を営む田嶋嘉隆さん。デザインから製作までたった一人で行なう“一人メーカー”。福井では出回る数が少なく、知る人ぞ知るブランドだが、東急ハンズやロフトなどに供給されているほか、コラボ商品が開発されるなど、その世界では知られた存在である。
意外な話だがガラスペンの発祥は日本だ。明治35年に風鈴職人が作ったのが始まりとされ、技術の高さや精度で日本を上回る場所はない。ガラスペン作家たちはいかに書きやすいペンにするかを日々精進する。田嶋さんもしかり。「昨日よりも今日、作っていて毎日進化している」。一つひとつの書き味を試し、ルーペをのぞき、コンマ数ミリの世界に命を吹き込む。実用品であり芸術品。文房具であり装飾品。福井発ガラスペンはその絶妙な間で光を放つ。

ガラス工房スタジオ嘉硝
【住所】福井県坂井市丸岡町高柳16-128
【電話】0776-76-5123
【時間】9:00~18:00
【休日】土・日曜、祝日 ※工房であるので店頭販売などはなし
【HP】あり


シンプルさを追求した先の、無意識のデザイン。

MOHEIM PEN TRAY
各2200円(税込)

『株式会社プラスティックス』の技術とネットワークがフルに生かされた一品。アクリル板加工に加え、柄を印刷できる技術は全国を探しても数少ない。木枠も福井県内の会社が手掛けている

福井県出身の竹内茂一郎氏と、樹脂加工の会社『株式会社プラスティックス』がタッグを組んだデザインブランド『MOHEIM(モヘイム)』。その響きはどんな国もイメージさせない中性的なもの。パリから火が付き、今やリッツカールトンやハイアット、星野リゾートなど名だたるホテルで採用されている。
国内の取り扱いショップも拡大し、世界各国から問い合わせが相次ぐ。そして欧州をはじめ韓国や香港などアジアでもその普遍的な美しさは共感を呼んでいる。商品開発も加速させ、福井から世界へとその勢いは止まらない。

株式会社プラスティックス
【住所】福井県福井市南居町81-1-40
【電話】0120-291-550
【時間】9:00〜17:00
【休日】土・日曜、祝日
【HP】あり


外部の視点と漆器生産技術、それが再び漆器作りに還る。

SEKISAKA STAND
各3960円(税込)

漆器でよく使う重箱と中子と呼ばれる仕切りの発想をステーショナリーに転換させた。中も取り外せるので使い方は自由。吹き付け塗装の技術も使い、カラフルな仕上がり

悠久の歴史と伝統が受け継いできたのは、製造技術はもちろんだが、柔軟に変化させてきた考え方なのだろう。つまり越前漆器とは“漆器の作り方をどう時代に生かしていくか”、漆器製造技術を新たな視点で活用したものづくり、ということだ。食器ではできなかった漆器技術のものづくり。それが『SEKISAKA』が選んだプロダクト。
それらの根底にあるのは、『株式会社セキサカ』として300年続く伝統と技術が紡いできたエッセンス。大阪を拠点に活動するデザインレーベル・Oy(オイ)との協働で生まれた「STAND」は、食器という概念を“収納”という概念にアップデートさせた。何よりもデザイナーと職人をつなぐことで新しい風を吹き込むことができた。『SEKISAKA』が目指すのは漆器産地として新しい景色を作ることだ。

ataW(アタウ)
【住所】福井県越前市赤坂町3-22-1
【電話】0778-43-0009
【時間】11:00〜18:00
【休日】水、木曜(祝日の場合は営業)
【駐車場】15台
【HP】あり
【SNS】Instagram


月刊ウララ2月号(582円+税)は『ココロときめく文房具』よりこだわりアイテムをご紹介。また今、気になる場所・ヒト・コトをご紹介する『What’s Hot』もお見逃しなく。書店、コンビニ、通信販売で好評発売中です。ぜひご覧ください。



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#エンタメ#月刊ウララ

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する