【THE男氣食堂】

中華そばの聖地、武生で出会ったこの夏必喰の一杯!

2019/07/11

前回、男気あふれるデカ盛りグルメ、「ひっで丼」を喰らったのは武生にある『めん処江戸屋』。そう、この店は列記とした“めん処”。にも関わらず、以前は付け合せのうどんしか食べなかった。しかしながら江戸屋、「ひっで丼」が旨かっただけに本職である“麺”もかなり気になる…。
実はこの越前市の武生、ボルガライスはもとより、「中華そば」もご当地グルメとして名を連ねる。当然『江戸屋』にもあった「中華そば」。今日はこいつを頂くであります!

透き通るスープが美しい中華そば

ものの数分で目の前に登場したのは、黄金色にもかかわらずその透明感が美しいスープに、順序良く具材が並べられた中華そば。まず目を引くのはスープの上で我こそが主役、と言わんばかりに鎮座する出し巻玉子…!味玉はよく見かけるが、出し巻玉子は初めてだ。しかもこの玉子、地元越前市産の卵を使用するなど、こだわりが。そしてそこに朱色が鮮やかな紅葉麩、大根おろし、かまぼこ&煮干しの粉末が肩を並べている。さすがアイデアマン店主の栗塚さん、老舗食堂とは思えぬ斬新な発想がここにも表れている。

冷やし中華そば 750円(夏季限定)

早速一口、まずはスープから――。 
むむ!これはやられた。まさかの「冷やし中華そば」。一口目こそ“中華そばは温かいもの”という概念に舌が驚いたが、1度味わうとやみつきに。動物性の油を一切使用せず、魚介系のみで仕上げている無化調スープはかなりあっさり。油分は植物性の油に煮干しやネギなど数種類の野菜をじっくり時間をかけて煮だしたものをスプーン1杯のみ加えている。魚介系の旨味が凝縮されたスープと素材の旨味が溶け込んだ香ばしい油が絶妙に絡まり、これは旨い。そして冷たいからかどんどんと飲んでしまう!栗塚さんに話を聞くと、なにやら夏限定の一品らしく、夏バテするこれからの時期にはかなりおススメ!ということであります!

さらに、この一杯、近頃リニューアルしたようで、使用している麺はなんと福井県産の小麦「ふくこむぎ」100%というから驚きだ。しかも麺もこちらですべて手作り。スルっとした口当たりでのど越しが良い。煮干しの粉末が溶けだしたスープとふわりと小麦が香る麺をすする。これが暑い夏にたまならなく旨いのであります!店主栗塚さんのアイデアと故郷福井、武生への愛情が詰まった格別の一杯。この夏間違いなく喰らうべき一杯であります!


越前めん処 江戸屋
【住所】福井県越前市高瀬2-6-15
【電話】0778-24-3248
【時間】11:00~19:00(18:30LO)
【休日】月曜、第3日曜
【席数】36席
【駐車場】あり
【HP】なし
【SNS】Facebook Instagram

#グルメ#男気食堂#連載

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する