来庁者も職員も手間削減 高浜町、申請書類「書かない窓口」実験

2022/09/22

手書きの手間などを省くカードリーダーやタブレット端末=高浜町役場で

高浜町は住民票や戸籍、印鑑登録、税務関係の証明書類の発行業務で、デジタル機器を活用して来庁者と職員双方の省力化を図る「書かない窓口」の実証実験を行っている。顔認証機能付きのカードリーダー端末を使ってマイナンバーカードか運転免許証を読み取ることで、申請書類への手書き記入や本人確認の手間が省ける。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する