【地域】キキョウ咲く里山再び あわらの河田さん

2019/07/25

自生種から咲かせたキキョウを手に「いつか里山に戻したい」と夢を語る河田勝治さん=あわら市波松の自宅で

移植を計画、自宅で栽培
あわら市の自然保護団体「あわらの自然を愛する会」会長の河田勝治さん(74)=同市波松=の自宅で、県内の里山で種を採取し育てているキキョウが見頃を迎えた。県域絶滅危惧1(ローマ数字の1)類で、自生を見かけることが困難な多年草だ。二〇一四年に花壇での開花に成功したが、株数は減るばかり。来年は会が発足して十年の節目とあって「次のシーズンには何とか増やし、里山に移植したい」と意気込む。 (北原愛)

(日刊県民福井)
続きはこちらから

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する