顔を合わせないコミュニケーションが、恋に発展する?!

2019/08/10

全国の20~40代の男女に聞いた
「対面・非対面のコミニュケーションに関する調査」

「社会をにぎやかに!」を企業理念に、通信回線やスマートフォンなどの通信インフラサービスを取り扱う『株式会社ALL CONNECT( オールコネクト)』が、今回2019年7月11日(木)~12日(金)の2日間、スマホを使用している全国の20~40代の会社員男女600名を対象に「対面・非対面のコミュニケーション」をテーマにしたインターネットリサーチを実施。その結果、プライベートで異性と会話をするときのコミュニケーションのとり方や対面・非対面それぞれのコミュニケーションにどれくらい自信があるかなどが明らかになりました。

結果…

・30代女性50%が≪対面コミュ≫に自信あり
・≪非対面コミュ≫は20代男性49%が自信あり

・30代女性の4割が“出会いのきっかけが非対面で恋をする”は「あり」と回答!
・30代男性は「自分の顔の点数49.3点」、「交際相手に求める点数63.4点」と差が見られる

こんな面白いデータが出てきました。

※≪対面・非対面コミュニケーション≫それぞれの定義は以下のとおり
≪対面コミュニケーション≫リアルタイムで双方の顔が見えている状態でコミュニケーションをとっている。
≪非対面コミュニケーション≫リアルタイムで双方の顔が見えていない状態でコミュニケーションをとっている。

-対面・非対面コミニュケーションに関する調査 トピックス-

■プライベートで異性と会話をする時は「話し役」「聞き役」どちらのタイプ?
男性は年代が上がるにつれて「聞き役」となる傾向に。40代男性は「聞き役が4割超え。 一方、女性は男性と比べて「話し役」の割合が高くなる傾向に。30代女性は「話役」が4割超え。

■実際に会った事がない人と恋愛目的でどのようなツールを使って連絡をとったことがある?
20代と40代男性は「LINE」、30代男性は「メール」、20代と30代女性は「出会い系アプリ(マッチングアプリ)」、40代女性は「出会い系サイトという結果に。男性よりも女性の方が「出会い系」のサービスを利用している傾向。


Q1.あなたは対面・非対面コミュニケーションについてどれくらい自身がありますか?(単数回答)<N=600>

※「自信あり」=「とても自信がある」「まぁ、自信がある」の合計
※「自信なし」=「あまり自信がない」「全く自信がない」の合計

≪対面コミュニケーション≫ 

■自信あり □自信なし

≪非対面コミュニケーション≫

■自信あり □自信なし

対面・非対面のコミュニケーションについて、どれくらい自身があるか聞いた結果、「自信あり」という回答を性年代別でみると、対面コミュニケーションは30代女性が50.0%となり、他の性年代より回答割合が高い結果となりました。非対面では20代男性が他の性年代より回答割合が高く49.0%。


Q2.あなたはプライベートで異性と会話をするとき、「話し役」と「聞き役」どちらのタイプにちかいですか。(単数回答)<N=600>

■話し役 □聞き役

性年代別でみると男性は年代が上がるにつれて「聞き役」となる傾向があるようです。40代男性は「聞き役」という回答が8割強。一方、女性は男性と比べて「話し役」の割合が高く、中でも30代女性は「話し役」が4割を超え、全体の中でも高い結果に。


Q3.あなたが会話をする中で「この人苦手だな」と思う人はどのような人ですか。(単数回答)<N=600>

【TOP10】

全体でも多い回答は「上から目線」62.5%、次いで「否定から入る人」52.0%、「自慢話をする人」47.8%の順となっています。性別でみると、全ての項目で男性より女性の方が回答割合が高い結果となっています。女性は男性と比べて、会話中に苦手意識をもちやすいのかもしれません。


Q4.「出会いのきっかけが“非対面”で恋する」という恋愛スタイルはあり?なし?(単数回答)<N=600>

■あり □なし

「あり」という回答を性年代別でみると20・30代の男性が4割を超えており、30代女性は約4割となりました。出会い系アプリ(マッチングアプリ)、SNSなど、“インターネット上で出会うこと”も受け入れられている時代だと言えるのではないでしょうか。


Q5.あなたは実際に会ったことがない人と恋愛目的でどのようなツールを使って連絡をとったことがありますか。(単数回答)<N=600>

■ある □ない

全体では27.8%が「ある」という結果になりました。性年代別でみると、20代男性、30代男女の約3人に1人が実際に会ったことがない人と恋愛目的で連絡をとったことがあるとわかります。


Q6.あなたは実際に会ったことがない人と恋愛目的でどのようなツールを使って連絡をとったことがありますか。(複数回答)<N=167>

※回答数が30未満の項目は、参考値として記載しております。

【Q5】で「ある」と回答した方に対し、どのようなツールを使って連絡をとったことがあるかをお聞きしました。性年代別で最も多い回答をみると、20代・40代の男性は「LINE」、30代男性は「メール」、20代・40代の女性は「出会い系アプリ(マッチングアプリ」、40代女性は「出会い系サイト」となりました。男性よりも女性の方が「出会い系」のサービスを利用している傾向があるようです。


Q7.あなたの顔は世間一般的に何点?(100点満点中)また、交際相手に求める顔の点数は?

以外と顔重視ではない?

性年代別でみると、自分の顔の点数を最も高くつけたのは30代女性で54.9点となりました。一方最も低くつけたのは20代女性で44.8点となり30代と20代の女性で10点差以上が出る結果となりました。 また、交際相手に求める顔の点数は性年代別でみると、最も高くつけたのは30代男性で63.4点となりました。性別でみると、男性が60点台に対し女性が50点台という結果になっています。女性より男性の方が“理想の顔”を交際相手に求めているのかもしれません。


【総括】
40代男性は対面・非対面でも、「他の年代に比べてコミュニケーションに自信がない」という結果に。謙虚さなのか、はたまた長年の経験上、自信を無くす“何か”があったのか?! 【Q7】で男性が自分の顔の点数に対し、交際相手に求める顔の点数が高いという…。女性は釣り合いを大切に、男性は理想を大切にするのかも。 今回の調査で、男女のコミニュケーションについて様々な傾向がみられました。今後5GやAIの技術の発展により、コミニュケーションにおいて重要視するポイントや、出会いの在り方がさらに多様化してくと思われます。今の当たり前が当たり前でなくなった際、“コミニュケーションのガラパゴス化”に気を付けたいものです。

【調査概要】
1.調査方法:WEBアンケート方式
2.調査の対象:スマートフォンを使用している全国の20~40代の会社員男女
3.有効回答数:600名(20~40代男女:100名ずつ)
4.調査実施日:2019年7月11日(木)~12日(金)の2日間



株式会社 ALL CONNECT     オールコネクト
【住所】福井県福井市栂野町15-1-2
【電話】0776-31-2100
【HP】あり

#エンタメ#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する