平均年齢60歳超えの鯖江のスペシャリスト!|鯖江おせっ会もてなし隊

2020/01/27


鯖江おせっ会もてなし隊



大好きなアーティストのコンサートで初めての土地や会場に来たとき、周辺の情報や会場までのアクセスがわからなくて、困ることってありますよね。サンドーム福井に来たときに、ぜひ頼ってほしいのがJR鯖江駅前🚉 で道案内などをしている「鯖江おせっ会もてなし隊」のみなさんです。目印は背中に「SABAEおせっ会」と書かれた黄色いポロシャツ(冬はベンチコートになります)。

写真協力:Hana道場

ボランティアで心温まる“おせっかい”をしているのは、サンドーム福井のお膝元である地元鯖江を中心としたメンバーのみなさん。活動の始まりは代表の上嶋睦美さんがたった一人で、駅で困っているファンの人たちに声をかけ始めたのがきっかけ。

「一人で韓国旅行に行ったとき、現地の方々が道案内や荷物を持ってくださったりして、それで元々大好きだった韓国がさらに大好きになったんです。住まいがサンドームの近くにあることもあって、コンサートが開催されているある日、駅に行ってみたらやっぱり困っている人がたくさんいて…」

写真協力:Hana道場

一人で活動する上嶋さんの姿を見ていた人が次第にボランティアに参加。そして2017年に正式に「鯖江おせっ会もてなし」が発足されました。「現在メンバーは35名いますが、サンドームでコンサートが開催される数日前に“次は●●さんのコンサートがあります。これる人は来てください”ってSNSでメッセージを送るだけなんですよ。だから集合も解散も自由。私たちは鯖江に来た人に、コンサートを楽しんでもらうことはもちろん、鯖江を好きになってほしいだけなので(笑)」

コンサート終了後の道が暗いことに気づき、数年前からチューリップの形をしたLEDライトを設置
土で汚れてしまったLEDライトをメンバーでキレイに。一つひとつに鯖江のシンボル、めがねの絵を描いていきます

心温まる“おせっかい”を続けるなか、昨年秋にちょっとしたうれしい出来事が!サンドーム福井で行なわれたKAT-TUNのコンサート後、メンバーの亀梨和也さんがパーソナリティを務めるラジオ番組で「鯖江おせっ会もてなし隊」が紹介されたそう。

「あるファンの方が番組宛におせっ会の活動を紹介するメッセージを送ってくれて、それを亀梨さんが読んでくれたって、別のファンの方がTwitterで教えてくださって。うれしかったですね。今年もサンドームでたくさんのコンサートが開催されますが、鯖江に来たみなさんに“鯖江が好きになった” “また、鯖江に来たい!”って言ってもらえるよう、メンバーのみんなと楽しくおせっかいを続けていきたいと思います」

鯖江おせっ会もてなし隊
【SNS】Twitter
鯖江おせっ会 情報(公共交通機関の時刻などを案内)




サンドーム福井の記事一覧へ




日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#コンサート#丹南#観光

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する