「純北陸製」の着物帯完成 縦糸は福井 横糸は富山 

2020/02/06

繭から糸を取る作業をする嘉村さん=坂井市三国町で

女性2人が協力
坂井市三国町の製糸・織物職人、嘉村(かむら)亜紀子さん(43)と、富山市で養蚕に取り組む友咲喜代美さん(53)が協力して着物帯「越の絹」を製作した。福井と富山の糸を用い、石川県白山市白峰が発祥の織物、牛首紬(うしくびつむぎ)の技法で織られた「純北陸製」。二人は「これまでの総決算になった」と完成を喜ぶ。(波多野智月)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する