暖冬 奥越の経済直撃 スキー場やガソリンスタンド、小売店 

2020/02/07

灯油、冬物衣料売れず
暖冬や少雪の影響から経済面で影響を受けている大野、勝山両市がそれぞれ六日、地元商工会議所と金融機関との情報交換会を開いた。奥越地方の冬場は観光や流通、生活などあらゆる面で雪を想定した経済構造が形成されている。それだけに今季の少雪は、雁が原スキー場運営会社の破綻など直接的、間接的に市内の各事業者が打撃を受けており、情報交換会では厳しい現状が浮かび上がった。(山内道朗)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する