【THE男氣食堂】

ついに潜入! 興味津々の名物グルメ、「ナチュラル丼」を喰らう!|水芭蕉 つる八

2020/02/12

男気食堂…
日本男児が求める「THE昼飯」を勢力取材! 男児たるもの飯にがっつくべし! 福井県内に眠るがっつりランチを紹介していくであります!

ナチュラル丼定食 1,100円(税込)
サラダ・味噌汁・漬物付

今回は、実は前々から気になっていたお店『水芭蕉 つる八』へ。場所は越前市塚原町、敦賀方面に向かう国道8号線沿いなのであります。(気になっていた人もいるはず)
営業中を知らせる看板には「ニューコピー丼」「ナチュラル丼」、さらに店の外壁には「日本一美味 噂の店」とのコピーも。これは行かずにはいられない! 

若干恐れつつ中に入ると、外身の怪しさからは想像しがたいアットホームな雰囲気の店内。絵や写真が飾られ昭和レトロな雰囲気を醸し出している。

喫茶店のようなカウンターもある中、テーブル席に腰掛ける。そして早速、気になる「ナチュラル丼」を注文!

ことしばらくして例のものが登場。
ん? 丼の上に乗ったカツは一見、福井名物のソースカツのアレンジ版かと思いきや、何と、大胆にも豚ヒレ肉にナチュラルチーズをはさみ、カツにしたもの! だから「ナチュラル丼」なのか!

いわゆる福井のソースカツよりも
厚みがあって食べ応え抜群

この名物メニューが誕生したのは15年以上前、当時巷では、チーズを使った料理が流行りだしていた頃。そこで、いろんなことを考えるのが大好きで、根っからのアイデアマンであるご主人が、「お肉とチーズを使って何かできないか」と工夫を凝らして始めたのだとか。

中からトロリとあふれ出るチーズがたまらない

いざ、味わってみると、とろけるチーズに香ばしい豚ヒレ肉のカツ、甘辛い特製ソースとご飯との相性がバッチリで、絶妙なハーモニーを奏でている…!

地元産コシヒカリを使ったご飯もたっぷりで、定食はサラダ・味噌汁・漬物付。まさにがっつりいきたい人にはうってつけのボリューム満点メニューなのであります!

がっつりグルメばかり食べている者にサラダは嬉しい

若い方から40代の方まで幅広い世代がこの丼ぶりを目当てに訪れるらしく、中には県外のトラックドライバーなどもいて、「ここを通るたびにナチュラル丼が何か気になっていて、やっと来ました!」という人も。

なので、気になっている者は1度足を運ぶべし!
満足の逸品「ナチュラル丼」、ごちそうさまでした!

敦賀に向かう国道8号線沿い、この看板が目印

水芭蕉 つる八
【住所】福井県越前市塚原町24-9-3
【電話】0776-23-4664
【時間】10:00~21:00
【休日】無休(不定休)
【席数】35席
【駐車場】10台
【HP】なし



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!




#ランチ#連載#丹南

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する