移住相談会 県内も動員 17年 45人に現金支給約束

2020/02/17

下請け企業が人集め
各地の自治体が東京都内で開いている移住相談会の参加者偽装問題で、福井や三重、静岡の各県が主催した複数の相談会で一部の参加者が現金支給を条件に動員されていたことが分かった。多くの自治体が出展した移住イベントでは「謝礼」を前提にした千人超の大規模な動員があったことも判明。不適切な人集めは、石川県主催の複数の移住相談会でも明らかになっており、全国で横行した可能性がある。(前口憲幸)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する