関係者悲鳴、高級魚も半値に 福井市中央卸売市場

2020/05/04

昼時でもシャッターが閉まり、活気を失った「ふくい鮮いちば」=福井市大和田1の市中央卸売市場で

関係者悲鳴、高級魚も半値に 福井市中央卸売市場
新型コロナウイルスの影が市場にも伸びている。市中央卸売市場(福井市大和田一)は業務用を中心に鮮魚や青果の売り上げが伸び悩み、一般開放エリアの「ふくい鮮いちば」もガラガラ。仲卸業者からは早期収束を願う切実な声が上がる。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する