県外出身の高校生、来県後2週間の待機で調整 スポーツ推薦の生徒ら

2020/05/08

新型コロナウイルス感染拡大で臨時休校が続く中、高校の再開に向けて県は五月中旬から、県外出身の生徒を来県後二週間、県内のホテルなど宿泊施設に待機させる方向で最終調整している。県境を越えて通学したり、寮で相部屋になったりする生徒が対象で、県民の安心感を高める狙いがある。複数の関係者が明らかにした。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する