ギャンブル依存症家族団体 患者の悩みラインで共有 相談会代わり心の支えに  

2020/06/08

ギャンブル依存症患者の家族らによる自助グループ「ギャマノン あじさい福井グループ」(福井市)が、新型コロナウイルス感染拡大で活動が制限される中、月二回の相談会をオンラインに切り替えて続けてきた。対面での相談ができない中でも会員同士が悩みを共有し、心の支えにしている。 (山口育江)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する