児相建て替え 県が検討 老朽化目立つ一時保護所 福井、敦賀の2カ所個室増など視野

2020/06/08

築後40年ほどがたった中央児童相談所。一時保護所も併設されている=福井市光陽2で

県は本年度、福井、敦賀両市内にある二カ所の児童相談所の建て替えに向けた検討を行う。両施設とも築後四十年ほどたち、併設されている子どもの「一時保護所」が老朽化しているため。個室を増やすなど建て替え後のイメージを固めていく。 (尾嶋隆宏)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する