敦賀病院の救急外来危機 感染症拡大なら「医療崩壊」 搬送集中、受け入れ停止の可能性

2020/06/17

救急車の受け入れ率が高まっている市立敦賀病院=敦賀市三島町1で

二州地区(敦賀市、美浜町、若狭町三方地区)で唯一の集中治療室を持つ市立敦賀病院は、救急外来の閉鎖や救急車受け入れ停止の危険性が高まっていることが分かった。市内の敦賀医療センターの医師の減員で四月から救急車受け入れを制限したため。病院の米島学・病院事業管理者が十六日、開会中の市議会の一般質問で明らかにし、「万が一、新型コロナウイルスのような大きな感染症が二州地区に押し寄せると、医療崩壊しかねない」と市民に感染予防の徹底を訴えた。(高野正憲)

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する