香り甘く、花鈴なり 丸岡の称念寺 菩提樹が満開

2020/06/18

甘い香りを漂わせ満開となった菩提樹の花=坂井市の称念寺で(蓮覚寺宏絵撮影)

南北朝時代の武将・新田義貞の菩提(ぼだい)所として知られ、戦国武将・明智光秀が十年間過ごしたとされる坂井市丸岡町長崎の称念寺で、菩提樹の花が満開となっている。葉の陰には淡い黄色の小さな花が鈴なりで、NHK大河ドラマ効果で増えた参拝者らを甘い香りがもてなしている。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する