通学路に潜む危険探れ 福井署、川崎の事件受け

2019/06/02

横断歩道を渡る児童を見守る出村さん(手前)や警察官=永平寺町松岡春日1で

川崎市でスクールバスを待つ児童らが殺傷された事件を受け、福井署は三十日、永平寺町松岡小学校の通学路で警戒活動を行った。署員らが町役場近くの同町松岡春日一の交差点に立ち児童たちの登校を確認し、普段見守り活動をしている近所の人から、通学路に危険がないかどうか意見を聞いた。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する