福井県民大好物“あぶらげ”の祭りに行ってみた|あげフェス2019

2019/11/23

※こちらのイベントは終了しました。

福井市ハピテラスで今日(23日)・明日(24日)に開催されている「あげフェス」。これまでお肉やパンなどいくつかフェスがあったが、今回は福井県民が大好きな“あぶらげ”の祭典ということで大変気になる。

イベントの概要・詳細はこちらの記事をチェック。

本日は12時スタートで、12時10分ごろに会場に到着。(明日は10時からスタート)

すると、、なんだこの人は! 状態。開始10分とは思えない。正直予想していたよりかなり多くの方で賑わっている。恐るべし県民食“あぶらげ”。

出店している各ブースにはそれぞれ長蛇の列ができ、特に、『福福館』の「あぶらげごはん」と『谷口屋』、『岸田食品』など4店舗のあぶらげが味わえる「煮あげ食べ比べ」は開始25分で即完売。これには、お店側も驚いたのではないだろうか。

会場中央には県内のあぶらげ約40種で作られたあぶらげピラミッドが登場し、たくさんの方が写真を撮る姿も。

揚げたての“あぶらげ”が食べられるアゲアゲキッチンはお昼頃ということもあり、長いところだと待ち時間なんと40分ほどという。揚げたてを提供してくれるため、作り置きをすることもなく、一度に揚げられる数にも限度がある。明日足を運ぼうと考えている方は時間に余裕を見て行ってほしい。

各ブース、受け取り近くまで進むと実際に揚げる姿を間近で見ることができる。普段スーパーでは最終形しか見ないだけに、つい見入ってしまう。

そして揚げている間、そのお店のあぶらげの特徴であったり、現在どのような工程なのか、といった“あぶらげ豆知識”も教えてくれるので、とてもためになり、面白い。根気のある方はすべてのブースに並んで、それぞれ揚げ師のお話も聞いて見て。

14時頃に会場を後にしたが、まだまだブースには列が。『おたとうふ ウスヤ食品』は開始2時間で完売し、「300食準備しましたが、はるかに予想を超えてきました。明日の注文を増やしたのでぜひ来てもらいたいです」と語る通り、本日売り切れたところも明日は数を増やして対応してくれそう。

以上! 改めて県民の“あぶらげ”に対する愛情を再確認できた、そんなイベントであった。あ、肝心のあぶらげの味?それはこの賑わいぶりが表している通りだ。

明日24日(日)は10時よりスタートなので、その時間を狙って行ってみよう!

あげフェス2019
【日程】 2019/11/23(土)・24(日)
【会場】ハピテラス
(福井県福井市中央1-2-1 ハピリン1階)
【時間】11/23(土)12:00~17:00、11/24(日)10:00~16:00
【料金】入場無料
【お問い合わせ】0776-20-2901(福井市にぎわい交流施設)
【駐車場】ハピリン地下駐車場(有料)ほか
【HP】あり



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#イベント#グルメ#福井市内

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する