月刊ウララ3月号エリア特集『敦賀市相生町』で見つけた 街が生み出した、味。

2020/03/11

あの味の誕生秘話。

スカロップ

敦賀だけの味わい。
大きなトンカツに、甘めのソースをたっぷりかけた、敦賀市内の『ヨーロッパ軒』だけで食べられるご当地洋食メニュー。1210円(税込)

“味のお城”から敦賀の洋食文化を支え続ける。

 福井県民のソウルフードであるソースカツ丼。またその代名詞となりつつある『ヨーロッパ軒』。福井市片町にある総本店からのれん分けを認められた分店第1号が『敦賀ヨーロッパ軒本店』だ。「味のお城」と親しまれる、この店のルーツは、創業者赤坂耕二氏の「敦賀に洋食文化を」という信条だ。
 昭和14年に相生町に店を構えたが時代は戦争真っ只中。贅沢ができない暮らしの中でも赤坂氏は店を切り盛りし、肉が手に入らなければ近くの市場で手に入る魚に代え、工夫を凝らしてお客のおなかを満たした。そしてあらゆるメニューを考案し続け、この店が発祥の「スカロップ」や「パリ丼」などオリジナリティあふれる洋食メニューを生み出し、信条を貫き続けた。
 現代、赤坂氏の長年の努力が実を結び、敦賀をはじめ嶺南の人々からは“洋食といえばヨーロッパ軒”と認知されるほどに成長を遂げた。洋食店として敦賀になくてはならないこの店には、赤坂氏の思い描いた“敦賀の洋食文化”への想いが今も深く息づいている。

敦賀発祥の「パリ丼」990円(税込)は、赤坂氏が料理の勉強のためヨーロッパに訪れた際に考案したメニュー。昭和時代を先駆けた店内はレトロな雰囲が残る

敦賀ヨーロッパ軒  本店
【住所】福井県敦賀市相生町2-7
【電話】0770-22-1468
【時間】11:00〜14:00、16:30〜20:00
【休日】月・火曜
【席数】106席
【駐車場】30台
【HP】なし

幸せのロールケーキ

噂が噂を呼ぶ、ケーキ。
当初は女性客が買いに来ることが多かったが、若者の間で噂が広まり、今では男性客もこのロールケーキを買いに来ることも増えたそう。1本2000円、ハーフサイズ1000円

幸せが宿る!?縁結びのロールケーキ。

 博物館通りに面するこの店には、県内外からお客が買い求めるロールケーキがある。厚めのスポンジ生地にコクのあるバタークリームをはさんだ懐かしくも優しい味わいのこのケーキには不思議なパワーがあるのだという。
 それは、「結婚式の引き出物にこのロールケーキを」という注文が始まりだった。「後日、“引き出物のロールケーキを食べたおかげで良いご縁があった”と女性から連絡があったんですよ」と、当時を振り返るのは店主の平山さん。不思議なことにその後も同じような報告が続いたという。その不思議な体験をしたお客のアドバイスもあり、「幸せのロールケーキ」と名付けると噂を聞きつけた人々訪れ、人気に火が着いた。
 この人気に、「素人からケーキ作りを始めたお店だったので、驚きました」と、平山さん。その後も人気は絶えず、ここまで店を続けてられたのは、お客の意見に支えられてきたからだという。そんなたくさんの人たちに見守られてきた平山さんの作るケーキだからこそ幸せが宿り、良縁を運んでくるのかもしれない。

海外産のオレンジを使ったケーキには「オレンジの旅」と名付けるなど、平山さんが考案したユニークな名前のケーキが並ぶ。店内でイートインも可能なのでコーヒーと一緒に味わってみて

洋菓子工房 ひらやま
【住所】福井県敦賀市相生町13-6
【電話】0770-22-6006
【時間】10:00~19:00(売切次第終了)
【休日】不定休
【席数】7席
【駐車場】共用駐車場あり
【HP】なし

月刊ウララ3月号(582円+税)の巻頭は『ふくいのお鮨12軒。』から地魚お鮨をご紹介。また今、気になる場所・ヒト・コトをご紹介する『What’s Hot』もお見逃しなく。書店、コンビニ、通信販売で好評発売中です。ぜひご覧ください。



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#エンタメ#グルメ#月刊ウララ

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する