動物写真家・岩合光昭さん『金津創作の森美術館』でトーク。「番組作りは“ネコ目線”。自然を感じて」。

2021/09/04

スリランカで撮影したミスティ。「絶景の中で撮影できる機会はとても貴重」と岩合さん

スリランカにある標高1000メートル以上の紅茶畑で出会ったミスティは、大きな岩の上での姿を絶景とともに撮影。

その過程ではミルクティーを美味しそうに飲む姿を見て思わず味見させてもらったエピソードや、スパイスの効いたカレーを食事として与えられていることを知った時の驚きなど、出会いや発見、交流など旅の醍醐味を振り返った。


撮影でのネコとの距離の縮め方などをアドバイスする岩合さん

風景、感じた空気感などを話す中で、撮影時の状況が作品とともによみがえるような臨場感を会場内に醸し出していた。


草原の中の姿を想像させる「ホワイトライオン」の屋外展示

『金津創作の森』と一体となった作品展示。

『金津創作の森』のロケーションを生かして「野外写真展ねこ科」を同時開催している。森の雰囲気と調和した、ダイナミックな作品展示も大きな見どころ。ホワイトライオンやベンガルトラなど、野生動物を数多く撮影してきた岩合さんは自然の大切さについて語った。

「(NHKの番組)『ネコ歩き』でも自然に対するネコの動きや、ネコの体の中にある自然を撮影するように心がけています。カメラワークは当然ながらネコの目線の高さで行っています。土のにおいであったり、人々の足元であったり、そういったものを大切にしながら撮影しているので、番組を見て感じてもらえたらうれしいです」と話していた。




写真展の受付で、SNSで投稿した画面を見せると会場オリジナルのポストカードがもらえる

『金津創作の森美術館』では、今回の写真展についてSNSで投稿した人を対象に特典のポストカードをプレゼントしている(ポストカードがなくなり次第、終了)。また会場内でも岩合さんの書籍やグッズの販売を行っている。


写真展 岩合光昭の世界ネコ歩き2
【同時開催】 野外写真展「ねこ科」 ―身近なイエネコからライオンまで―
【会場】金津創作の森美術館 アートコアおよび野外美術館(福井県あわら市宮谷57-2-19)
【日程】開催中~9/26(日)
【時間】10:00~17:00(最終入場は16:30)
【休館日】月曜(祝日の場合開館、翌平日休館)
【料金】一般800円、中学・高校生500円
【お問い合わせ】0776-73-7800
【HP】あり
【SNS】Facebook Instagram Twitter 

岩合光昭(いわごう・みつあき)
1950年東京生まれ、動物写真家。身近なネコを半世紀以上、ライフワークとして撮り続けている。2012年からNHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」の番組撮影を開始。著書多数。2021年1月公開の「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族」で映画監督をつとめる。
オフィシャルサイト


(前のページへ)






日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#あわら#人物#アート

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する